【赤羽】口コミ人気も高いスポーツジムランキング!女性や初心者の方にもおすすめしたいジムの情報をまとめて紹介!

ジムで避けるべき服装とは?マナーを守って快適なトレーニングを!

公開日:2021/09/15  最終更新日:2021/09/17


昨今の健康需要の高まりや健康的なダイエットを目的としてジムの利用者が増加しています。しかし、初めてジムに通う際、どのような服装をすべきか悩むケースも少なくありません。本記事では、マナーを守って快適なトレーニングを行うためのジムで避けるべき服装やジムで着用する服装の選び方について紹介します。

ジムで避けるべき服装

ジムで避けるべき服装はいくつかあります。

まず、素肌が見えてしまうほど薄いTシャツは避けた方がいいとされています。なぜなら、ジムで汗をかいた際に透けて素肌が見えてしまうと周囲の人に不快感を与える原因となるからです。ジムの利用者は自分一人ではありません。運動をしていて暑くなりますが、他の利用者に不快感を与えないよう配慮することが大切です。

また、薄いTシャツを着用する場合は、対策としてTシャツの下にアンダーウェアを着用することをおすすめします。そして、目立つ柄やビビットカラーの服も着用を控えた方がよいです。野外でのランニングであれば事故防止を目的として着用することもあります。しかし、ジム内ではあまり目立つ必要がありません。

さらに、ビビットカラーや柄が入ったウェアを見ると目が痛くなるという理由で苦手な人もいます。その他、出身校のジャージの着用も避けた方がよいと考えられます。とくに何年も前のボロボロのジャージは清潔感がなく、他の利用者によいイメージを与えません。さらに、出身校のロゴやマークが入っていたり、名前が刺繍されたりしているものは個人情報の観点からも不安要素があります。

場合によってはジムで浮く可能性がある服装

ジムの雰囲気は、地域や利用客層によって大きくことなります。

まず、露出度が高い服装は避けるべきです。一般的に、身体の凹凸がくっきり見える服装は、ほぼ下着のような印象を持たれて不快に思う方が一定数います。しかし、本格的に鍛えている人が多いジムでは、筋肉の動きを見るために身体の凹凸がくっきり見える服装を着用している利用者が多いジムもあります。そのため、利用するジムの雰囲気や客層によって服装を判断することがベストです。勝手がわからない最初のうちは無難な服装をすることをおすすめします。

次に、身体のラインがはっきり見える服装も浮いてしまう可能性があります。たとえば、胸が強調されていたりお腹が露出されていたりする服装を指します。身体のラインがはっきり見える服装は、他の利用者の視線を集めやすくなります。そのため、目立ちたくない方にはおすすめできない服装です。一方、視線を集めることによりやる気が出るという方もいます。しかし、他の利用者からのクレームになる場合もあるため、とくに男女共用のジムでは周りに配慮した格好をする方がいいと考えられます。

さらに、下半身がタイツ(スパッツ)の服装にも配慮が必要です。インスタグラマーや人気モデルがSNSによくアップしている格好です。しかし、一般的なジムではほぼ下着のような印象を与えてしまうことがあります。とくに女性はパンツラインが見えてしまうこともあるので注意が必要です。もし、タイツやスパッツを着用する場合は、上から短パンを履いて、周囲にも配慮した格好をすることが大切です。

ジムで着用する服装の選び方

ジムで着用する服装を選ぶ際はいくつかのポイントを抑えて選ぶことが大切です。

まず、動きやすく身体にフィットする服装を選ぶという点です。サイズが小さいと窮屈に感じて運動ができない上に、周囲に不快感を与えてしまします。一方、大きすぎる服装は汗の吸収が悪い場合があります。そのため、自分の身体に適したサイズの動きやすい服装を選択します。

さらに、吸汗性と速乾性に優れたものを選ぶことも重要な要素です。ジムで運動を行う際、汗をかいても問題のないよう吸汗性と速乾性に優れた素材を選ぶことは重要です。汗でベタつくと不快な気持ちになることや体温が低下して風邪をひく可能性があります。

また、デザインがシンプルな服装を選ぶことも大切です。ジムは若年層からシニア世代まで幅広い年代の層が利用します。ジムで目立ちたい気持ちがあっても、周りの人に配慮してシンプルな服装を選ぶことをおすすめします。

その他、上下同じメーカーで揃えるとおしゃれな服装になります。必ず揃える必要はありませんが、統一感のある見た目になりますよ。ジムに通いたてでどのような服装をするべきか悩む場合は、スポーツブランドからセットで販売されているウェアなどをおすすめします。

 

ジムに通う場合、自分一人でトレーニングを行うのではなく周囲の人にも配慮した服装をすることが大切です。そのため、素肌が見えるようなTシャツや目立ちすぎる柄や色合いは避けた方が無難です。また、通うジムによって露出度の高い服装や身体のラインが見える服装が浮いてしまうこともあります。そのため、ジムの雰囲気がわからない場合は、まず、シンプルなデザインやカラーで機能性に優れた服装をすることをおすすめします。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

【赤羽】おすすめの人気スポーツジム比較ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名スポーツクラブ ルネサンス 赤羽エグザス赤羽ファストジム赤羽店ジェクサー・フィットネス&スパ赤羽エニタイムフィットネス赤羽
料金30種類のプログラムから自分にあったエクササイズを駅から徒歩2分で、赤羽の町並みを見ながら運動できる夜一人でも安心して利用できる万全のセキュリティワンフロアに並べられた種類豊富なトレーニングマシン世界に約4,800店舗でトレーニングの知識が豊富
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく