【赤羽】口コミ人気も高いスポーツジムランキング!女性や初心者の方にもおすすめしたいジムの情報をまとめて紹介!

ジムに通うなら朝・夜どちらが向いてる?双方のメリットから考えよう!

公開日:2021/10/15  最終更新日:2021/09/17


昨今の健康思考の高まりから、ジムの利用者が増加しています。利用者のなかには、日中は忙しいため朝または夜にしか自由時間が取れない方も多くいます。しかし、せっかくジムに通うのであれば効果の出やすい時間帯に利用したいと考えるのが一般的です。本記事では、ジムに通うなら朝と夜のどちらが向いているのか、双方のメリットを解説します。

朝にジムでトレーニングをするメリット

朝にトレーニングを行うことのメリットとして、まず、短時間で質の高い筋トレができるということが挙げられます。朝は脳がすっきりとしていて体力もある時間帯です。そのため、短時間であっても集中して筋トレを行うことができます。さらに、朝にトレーニングを行うことで体温を上昇させ、代謝を向上させることができるため、効果的なカロリー消費を期待できます。

また、朝に代謝を上げることで効果は1日中続きます。日中はデスクワークなどでほとんど動かない場合でも、朝ジムに行くことで一日中カロリー消費の向上と脂肪燃焼効果があります。トレーニングを行うことにより業務の効率化を図ることも可能です。テストテロンというホルモンが分泌されるためです。テストテロンは、集中力の向上や判断力を高める働きをしてくれます。日中の体と神経の働き両方に効果があるのはとてもうれしいですね。

夜にジムでトレーニングをするメリット

夜にジムでトレーニングを行うことで、朝とは異なるメリットがあります。夜に筋トレを行うことは、朝のトレーニングよりも筋トレの効果が発揮しやすいといわれています。

なぜなら、夜はすでに1日中身体を動かしているので、朝より身体機能が筋トレに適切な状態にあるからです。また、トレーニング前には体温を温める必要があります。しかし、夜であればすでに体温が温まっている状態であるため、朝よりも少ないウォーミングアップでトレーニングを開始できます。

さらに、ダイエット効果を発揮するためにも夜は適した時間帯です。ダイエット効果を発揮するためには、成長ホルモンの分泌が必須です。成長ホルモンの分泌が行われるタイミングは、筋トレ後と睡眠中です。つまり、夜にジムでトレーニングを行い、数時間後に就寝するという流れを作れば短期間で多くの成長ホルモンを分泌できます。そのため、より高いダイエット効果が期待できます。

一方、夜にトレーニングを行うことで眠りにくくなるということがあります。トレーニング後にしっかりと湯船につかる、シャワーを浴びることでトレーニング後の高ぶっている神経を落ち着かせて入眠しやすくしましょう。質のよい睡眠は成長ホルモンの分泌を促す効果もあり、ダイエット効果やダメージを受けた筋肉の修復・強化を効率よく行うことができます。

ジムでのトレーニングに適していないタイミングとは?

昨今では24時間経営のジムもあります。しかし、トレーニング効果の期待できない時間帯や生活リズムを壊しかねない時間帯があります。一般的に、起床後すぐ、就寝の直前、満腹・空腹時はトレーニングを避けた方がいいと考えられています。

まず、起床後すぐの時間帯は、体温が低い状態にあります。そのため、トレーニングを行ってもエネルギーの消費を効率よく行うことができません。さらに、起床後すぐは筋肉が固まっている状態にあるため、怪我が起こりやすい時間帯でもあります。また、早朝は血圧が高い状態であり、心臓や血管にダメージを与える可能性があります。

一方、就寝直前の時間帯は、交感神経を活発化させて入眠の妨げになる可能性があります。そのため、夜にトレーニングを行う場合は、就寝の3時間前までにトレーニングを終了させることがおすすめです。

その他、満腹・空腹時もトレーンビングを避けるべきタイミングです。トレーニングには充分な栄養が必要です。空腹時のトレーニングは栄養が足りず、体内の血液や筋肉の中に流れているタンパク質などをエネルギー源として消耗していきます。タンパク質の減少は筋肉量の低下につながります。筋肉が減少すると代謝の悪化により、トレーニング効率を下げてしまいます。

一方、満腹時のトレーニングは、筋肉を鍛えるために必要な血液が消化器官に集中してしまい、充分な酸素と栄養が筋肉に行き渡らなくなってしまいます。さらに、満腹状態は胃が膨らんでいる状態であるため、身体の柔軟性も低くなります。柔軟性の悪化は、トレーニングのパフォーマンスを下げる原因になるため、満腹時もトレーニングを避けることがおすすめです。

 

ジムに通う際は、朝と夜の双方のメリットを確認した上で時間帯を選択することが重要です。また、昨今では24時間営業のジムも営業していますが、むやみにトレーニングを行っても効果を発揮できない時間帯があります。トレーニング効果がないばかりか、筋肉の低下や入眠の妨げになるなど、他のデメリットが発生することもあります。ご紹介したポイントを参考に、効率よいトレーニングを目指してはいかがでしょうか。理想の身体になるために、ライフスタイルに合わせてトレーニングを行うことが大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

【赤羽】おすすめの人気スポーツジム比較ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名スポーツクラブ ルネサンス 赤羽エグザス赤羽ファストジム赤羽店ジェクサー・フィットネス&スパ赤羽エニタイムフィットネス赤羽
料金30種類のプログラムから自分にあったエクササイズを駅から徒歩2分で、赤羽の町並みを見ながら運動できる夜一人でも安心して利用できる万全のセキュリティワンフロアに並べられた種類豊富なトレーニングマシン世界に約4,800店舗でトレーニングの知識が豊富
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく