【赤羽】口コミ人気も高いスポーツジムランキング!女性や初心者の方にもおすすめしたいジムの情報をまとめて紹介!

筋トレが続かない!諦める前に知って欲しい筋トレを続けるコツ

公開日:2021/02/01  最終更新日:2021/01/28

何かを始めると壁にぶち当たり、簡単に挫折してしまう人もいるでしょう。最初に「筋トレを頑張る!」という意気込みがあったとしても、ぶち当たった壁を乗り越えるには努力が必要です。そしてその諦めをネガティブに捉え過ぎると、自分自身を追い込むことになります。今回は諦めてしまう前に、如何に継続するかというコツを探っていきましょう。

無理は禁物!週3日・1回30分から始めよう

ジムに通うと決めた地点でテンションが上がり、初日から頑張りすぎる人が少なくありません。その結果身体のダメージが大きく、計画通りにいかなくなることがあります。ジムは自分を追い込んでトレーニングする場所で、そうすることが目標達成の近道だと信じているからです。その思い込みから無理な筋トレをし、少しでも早く結果を出そうと焦る初心者が多くみられます。

1日に何時間も無理な筋トレを行っても、直ぐに成果が出るものではなく反対に疲労が増します。筋トレをするなら週3日・1回30分程度から始め、頑張り過ぎないことです。始めは筋トレの成果を出すのではなく、継続してジムに通うというのを目標にしましょう。そして自分がやれる限りではなく、やれる範囲でトレーニングするように心がけると気持ちは楽になります。

無理なく積み重ねていくうちに結果は出てくるもので、回数などは徐々に増やしていきましょう。出来れば、筋トレをする曜日を決めておくと習慣づけができるかもしれません。ジムに通うことが辛くなるような状況に自分を追い込まず、楽しくトレーニングできることが一番です。

日によってトレーニングを変えよう

ジムで筋トレを行う最大のメリットは、専門家によってプログラミングしてもらえることにあります。ところが地道にトレーニングを継続すると目標達成が可能だと分かっていても、人は飽きるというマイナス行動に陥ってしまうことがあります。子供がおもちゃに飽きてまた新しい物を欲するように、それは人間の本質の一部と言えるかもしれません。それを乗り越えるには強い意志を持ち、何かしらの工夫をするというのも解決策となります。

身体の鍛える部分を変えたり、バリエーションのあるメニューにしたりするのも良い方法でしょう。日によってトレーニングを変えると新鮮味が湧きますし、好きな運動も苦手な運動も一緒に組み込むようにするとより効果的になります。どうしても偏りがちになってしまうのは、好きなマシンや取り組みやすい運動に惹かれてしまうからだと思われます。

飽きるという気持ちを抑えるのも大切ですが、モチベーションをアップさせるには好きなメニューをメインに考えることです。「今日頑張れば、明日は好きなマシンが使える!」というように、常に自分にご褒美を与えるような気持ちを持ちましょう。継続することも目的の一つですから、楽しくトレーニングできなければモチベーションは下がっていきます。

そして早く結果を出したい為に無理な計画を立てず、基本的なトレーニングから始め、多くのメニューを一日で熟そうとしないようにしましょう。曜日によって鍛える部位を変えたり、様々なトレーニング法を試すのも良いですね。また好みのアイテムを使うとマンネリ化していた運動も、また違ったトレーニングに変化します。

「もう少しやりたい」がポイント

ジムに慣れてくると欲が出てきて、少しでも早く効果を出したいと思うものです。そして筋トレを毎日行う計画を立てようとしますが、毎日行うことは逆効果になります。筋トレすることで筋肉は損傷し筋肉痛を引き起こします。筋トレに筋肉痛は付きものといいますか、損傷しては修復を繰り返すというのが筋肉痛のメカニズムです。

そして修復するにはエネルギーが必要となりますが、エネルギー源となるのがたんぱく質などの栄養素と休養であって、分泌された成長ホルモンが筋肉を回復させます。よって筋トレを終える時間と回数を予め決めておくことで、やり過ぎを防ぐことができますし、「次頑張ろう!」という活力になります。

それには「もう少しやりたい」という気持ちで留めておくのが有効で、嫌気がさしたり飽きてしまうことがなくなります。「あと少し頑張りたい」という気持ちが向上心に繋がるからです。日によって気が進まない時があれば、途中で切り上げ無理をしないことです。気持ちがついていかなかったり、身体が疲れている時に行動しようとするのは良い結果を生みません。ジムでの筋トレは前向きの気持ちを残して1日を終えるようにし、次回への体力を温存しておきましょう。

 

「継続は力なり」と言いますが、続けるというのは本当に難しいことです。まして苦手なものはよりハードルが高く、挫折する人も少なくありません。けれど一つ言えるのは背伸びをせず、自分なりに頑張ることが大事で、人と比べる必要はありません。一休みしながら自分なりの頑張りを習慣づけることが継続への近道です。ですからその頑張りは小さくてもいいのであって、継続することに意味があるのです。思ったほどの成果を得られなくても、習慣づけられたものは必ず自分自身の糧となるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

【赤羽】おすすめの人気スポーツジム比較ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名スポーツクラブ ルネサンス 赤羽エグザス赤羽ファストジム赤羽店ジェクサー・フィットネス&スパ赤羽エニタイムフィットネス赤羽
料金30種類のプログラムから自分にあったエクササイズを駅から徒歩2分で、赤羽の町並みを見ながら運動できる夜一人でも安心して利用できる万全のセキュリティワンフロアに並べられた種類豊富なトレーニングマシン世界に約4,800店舗でトレーニングの知識が豊富
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく